ブログ | 京都市北区の歯医者、溝渕歯科

 TEL:047-409-7717

ブログ
BLOG

ブログ

親知らずの抜歯について

親知らずとは大臼歯(大人の歯)の中で最も後ろに位置する歯で、だいたい10代後半~20代前半に生えてきます。第3大臼歯、智歯、8番目の歯とも呼ばれています。既に抜いた方、歯茎に埋まって生えてこない方、頭の部分が少し見えてきてる方、様々だと思います。

 

oyashirazu001

 

むし歯になった親知らずは器具が届き辛く治療が困難なのと治療ができたとしても歯ブラシが当たりにくく再びむし歯になる可能性が高いので抜歯を行うことが多いです。ただし、まっすぐ生えてきて噛み合わせが正常な場合はむし歯治療を行います。

頭の部分が少しだけ出ている方は歯と歯の境目に汚れや細菌がたまりやすく腫れが出やすいです。また十分に生えてないので前の歯との段差ができ、重々歯ブラシを気をつけて当ててもらわないとむし歯になってしまいます。腫れを何度も繰り返したりむし歯になるようなら抜歯をお勧めします。

生えてはないが歯茎の中で歯が横向きになってる方は、一見「生えてないので抜歯しなくてもいい」と思われがちですが横向きになってると手前にある歯の根を押して痛みが出る場合があります。一時的な痛みではあるものの放置していても痛みを繰り返す事があります。また、後ろから常に前方向に押すので歯の並びが不正になることも多く抜歯をお勧めします。

抜歯をする時期は20代までがいいでしょう。若ければ若いほど抜きやすく治りが早いからです。

また当医院では院長はもちろんのこと、外科の得意なドクターが在籍しています。難しい症例でも大きな病院へ行かなくてもほとんどの抜歯が可能です。

親知らずでお困りの方はお気軽にご相談ください。

歯科衛生士 井上

京都市北区 歯医者 / 歯科 溝渕歯科

投稿日  カテゴリ:歯科衛生士コラム

周りに気づかれにくいノンクラスプ義歯って保険適用の義歯とはどう違うの?

義歯(入れ歯)とは、むし歯や歯周病などで失った歯を補うための取り外しが可能な人工の歯をいいます。

保険が適用されるプラスチック義歯(入れ歯)は、経済的な負担が少なくて済み、調整が容易にできる反面、義歯を固定するための金属のバネが目立ったり厚みがあるため口の中での違和感が大きくなります。

当院では保険の入れ歯の他に自由診療の入れ歯としてノンクラスプ義歯と金属床義歯を取り扱っています。特に今回ご紹介しているノンクラスプ義歯は軽く薄く、口の中での違和感が少ないうえに義歯をしているとは思われにくいです。

今回は保険義歯とノンクラスプ義歯を比べてみました。
「口の中での入れ歯の違和感が気になる」「入れ歯をしていると周りに気づかれたくない」という方は是非ためしていただく価値があります。

プラスチック義歯(保険適用) ノンクラスプ義歯(自由診療)
長所
・ 経済的な負担が少ない
・ 調整が容易にできる

短所
・ 厚みがあり、かつ設計が大きくなり違和感が大きい
・ プラスチックのため割れる事がある
・ 金属のバネが目立ってしまう
・ 長期では使えないことが多い
about-nonclaspdenture_01

長所
・ 柔軟性があるため、割れにくくフィット感が高い
・ 厚みが薄く違和感が少ない
・ バネがないので入れ歯と気づかれにくい
・ 汚れ、臭いがつきにくい

短所
・ 保険が適用されない
・ 長期では使えないことが多い
about-nonclaspdenture_02

京都市北区 歯医者 / 歯科 溝渕歯科

投稿日  カテゴリ:歯科衛生士コラム

歯ぐきを痩せさせる5つの原因

「歯ぐきがやせてきた」「歯が長くなった」「このまま歯ぐきがやせ続けたら歯が抜けてしまうのではないか」そんな気になる症状や心配はありませんか?
この歯ぐきのやせ(歯肉退縮)は、なぜ起こるのでしょう?また、どうすればその進行をおくらせることができるのでしょうか。

原因はいくつかあり、その原因が重なっていれば、よりそのリスクは高くなります。

Dental Form and Model of Upper Teeth

1.歯周病の進行によるもの

一番の原因といえるのは歯周病によるものです。歯周病菌の感染により、歯を支えている歯槽骨が溶けることで歯ぐきもやせてしまいます。
40代以降の80%が歯周病にかかっているといわれるので、歯周病由来といえるのです。歯周病は数十年にわたって少しずつ進行していくので、自覚症状がないうちからの対策が必要となります。

これには、歯ブラシと、歯間ブラシやフロスなどを併用させての適切なお手入れ(セルフケア)と定期的な歯科医院での歯石除去や歯面清掃(プロフェッショナルケア)が有効であり不可欠ともいえます。

2.誤ったブラッシング

強い力でのブラッシングや、歯ブラシを大きく動かしすぎるロングストローク、かたい毛の歯ブラシの使用、サイズの合っていない歯間ブラシの無理な使用などによる、歯肉の摩耗と歯の咬耗によってのあごの骨の吸収、消失が歯肉退縮をおこします。

これには、自分に合った清掃用具の選択と、ブラッシング方法やブラッシング圧の適正化によって、進行を阻止することができます。

3.噛み合わせによるもの

異常な噛み合わせにより、一部の歯に過度な力が加わり続けることで、その部分の歯を支えている組織に負担がかかり、炎症が起こることで歯ぐきがやせてきます。
歯軋りや噛み合わせなども影響することがあります。

これには噛み合せの調整やマウスピースの使用、合っていない被せものの調整、歯列矯正など歯科医院での治療が必要であり有効です。

4.加齢による老化現象

年齢によるものというよりは、それまでの生活習慣に由来するものと考えられ、すべての人に歯肉退縮が起こるとは限らず、程度の差もあります。

5.不適合な詰めものや被せものによる影響

不適合な部分に汚れが残りやすく、清掃が困難な状態が慢性的な炎症を起こし、歯肉退縮を起こしやすくします。
口の中では自分に見えにくいところもありますから、歯科医院での検診や検査が発見には有効であり、処置することで原因を排除することができます。

歯肉退縮は、前歯や小臼歯という自分でも見えやすい部分に起こることが多く、見た目のわかりやすさから、審美的に関心が高くなりがちです。
この部分はもともと、表側の歯ぐきやあごの骨が薄いことが多く、それが要因となって歯肉退縮が起こりやすくなります。

また、審美的な問題だけではなく歯肉退縮によって、ムシ歯の抵抗性の弱い、歯の根っこの部分が露出することによりムシ歯リスクの高くなる状態を引き起こします。
さらに、知覚過敏(ムシ歯ではないのに歯がしみる症状を起こすもの)を起こす原因となります。

歯肉退縮は、何が原因なのかを診断し、個別に対応することが必要で、進行を予防することが、お口の健康を守ることになります。

歯科衛生士 安井

京都市北区 歯医者 / 歯科 溝渕歯科

投稿日  カテゴリ:歯科衛生士コラム

ハミガキ粉選びのポイント

ハミガキ粉の中にはムシ歯予防、着色予防、知覚過敏予防、歯周病予防、歯面の傷の修復(トリートメント)など様々な効果を期待できるものがあります。ハミガキ粉選びでは、それぞれのハミガキ粉の特徴を知ることが大切です。ここでは当院で扱っている主なハミガキ粉を紹介します。

1.ムシ歯予防効果の高いハミガキ粉

toothpaste_01

フッ素が配合されており、歯質の強化やムシ歯の進行の抑制、初期のムシ歯を元に戻す効果が期待できます。当院のフッ素配合ハミガキ粉はこちらです。

2.着色予防効果の高いハミガキ粉

toothpaste_02

市販されている着色予防、着色除去用のハミガキ粉には粗い研磨剤が含まれ歯を傷つけてしまうものもあります。当院で扱うハミガキ粉では着色を削り取るのではなく、浮き出して吸着で取り除くことができ、歯を傷つける心配がありません。さらにフッ素も配合されムシ歯予防効果もあります。

3.知覚過敏予防効果の高いハミガキ粉

toothpaste_03

硝酸カリウム・乳酸アルミニウムが配合されており一過性に歯がしみる知覚過敏の症状を予防します。研磨剤も少なく歯に優しいハミガキ粉です。フッ素も配合されています。

4.歯周病予防効果の高いハミガキ粉

toothpaste_04

殺菌剤や抗炎症剤が配合され歯ぐきの炎症を予防します。また塩化ナトリウムによる歯ぐきの引きしめ効果もあります。

5.歯面の傷の修復(トリートメント)効果のあるハミガキ粉

toothpaste_05

歯の表面エナメル質にはハイドロキシアパタイトという結晶がありますが、毎日のハミガキや食事などでミクロの傷がつき細菌や着色がつきやすくなります。そのミクロの傷を同成分であるハイドロキシアパタイトの細かい粒子で埋めることにより表面がなめらかになり汚れもつきにくくなります。

このように当院で扱っているハミガキ粉だけでも多くの種類があり、ご自身で選ぶことは難しいと思います。当院のメインテナンスではお一人お一人のお口の状態に合わせたハミガキ粉選びのお手伝いもさせて頂きます。ぜひご相談ください。

歯科衛生士 平松

京都市北区 歯医者 / 歯科 溝渕歯科

投稿日  カテゴリ:歯科衛生士コラム

お口は健康の入口

お口の中を清潔に保つことが全身の健康につながっていることをご存じでしょうか?
お口の中の細菌が増殖することにより、ムシバや歯周病などのお口の病気のリスクが高まります。

pixta_1203965_S

歯周病を発症している人は健常者に比べて糖尿病、心疾患などの全身疾患につながるリスクがあります。

これは歯周病菌の炎症性物質によりインスリンの効果がうまく働かなくなったり、血流を介することによって悪影響を及ぼすことが原因です。

また、妊婦のへその緒を介することにより早産や低胎児出産につながります。
お口の清掃を行い歯周病菌を減らすことは、お口の健康にとどまらず関連する全身疾患の予防と軽減につながるのです。

family

日本の死因の1つになっている肺炎もお口の中の細菌が関係しています。
唾液や食べ物が誤って肺に入り、異物に含まれる細菌が原因で肺炎になることを誤嚥性肺炎といい、亡くなられる方が近年急増しています。
脳梗塞等で自分での清掃が困難な高齢者や寝たきりの方に多くみられ、口腔ケアによる支援が重要になっています。

お口を清潔に保つことは充実した生活を送るためにとても大切なことです。
お口の中から皆様の健康力を高めるためにお手伝いさせていただきます。

歯科衛生士 西川

京都市北区 歯医者 / 歯科 溝渕歯科

投稿日  カテゴリ:歯科衛生士コラム

還暦そして開院30周年

平成28年が幕を開けました。皆様には清々しい新年をお迎えと存じます。平素は溝渕歯科医院の診療方針にご賛同をいただきありがとうございます。

昭和31年申年生まれの私は本年2月に還暦を、同時に溝渕歯科医院は9月に開院30年を迎えます。開院以来30年の間に当院を利用していただいた皆様には、私どもの気付かないところでご迷惑をおかけしたことも多々あったと存じます。その時々に寛容な対応をいただいていたことを厚く感謝致します。

当院は本年も「健康生活を創る歯科医療」を目指します。健康生活を例えるとバリバリ仕事をする、美味しく食事する、楽しく話し笑う、しっかり子育てに励む、趣味を広げるなどきりがありませんが、お口の健康が身体の健康への入り口であることは普遍です。

忘年会の席で発表されたスタッフ全員の30周年に向けた抱負は、すべて患者さんの健康を標的にしていました。そして参加者22人全員で切った円陣エールに気概を見ました。パワーアップする医院スタッフそして訪問先に信頼厚い訪問チームが、しっかりお口の保健指導や清掃を行っていきます。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

28年1月10日 院長 溝渕健一

 

birthday
診療後のサプライズ

京都市北区 歯医者 / 歯科 溝渕歯科

投稿日  カテゴリ:院長コラム

休診のお知らせ

1月9日(土)、10日(日)

院長、スポーツ歯科医の資格取得のため講習会に出席します。

9日(土)、10日(日)は誠に申し訳ありませんが休診いたします。

京都市北区 歯医者 / 歯科 溝渕歯科

投稿日  カテゴリ:お知らせ

年末年始休診のお知らせ

12月28日(月)から1月3日(日)まで年末年始の休診とさせていただきます。

・休日歯科診療
JR二条駅北隣 075-812-8493

ご迷惑をお掛けいたしますが、よろしくお願いいたします。

京都市北区 歯医者 / 歯科 溝渕歯科

投稿日  カテゴリ:お知らせ

口臭と定期健診

みなさんは自分の口臭が気になった事はありますか?

口臭の原因はドライマウス、むし歯、歯周病、舌の上の汚れ(舌苔)、胃腸の病気など様々です。今回は歯周病が原因で起こる口臭についてお話します。歯周病と舌の汚れからの口臭は臭いが強く最も多い原因です。そのため歯周病を予防、改善することで大半の口臭がなくなるといっても過言ではありません。

white_01

自宅でできる予防改善方法1つ目は朝晩2回歯を磨くことです。夜の就寝中に唾液の分泌は少なくなり口の中の菌は増殖します。朝起きた時にお口の中がネバネバしたり、口臭がキツくなるのはそのためです。なので夜寝る前に菌を取り除き、朝起きて寝てる間に増えた菌を追い出しましょう。

2つ目はフロスを通すことです。歯と歯の間には歯周病の原因菌がたくさんひそんでいます。実際しっかり歯ブラシで歯を磨いても60%程度しか磨けていません。フロスをしっかり通すことで80%まで歯石除去率がUPします。

3つ目は歯周病を予防してくれる歯磨き粉や含そう剤を使うことです。
自宅でのケアと並行し、歯科医院での定期健診も必要不可欠です。いつも自分では届かない部分の汚れや歯石の除去、歯の磨き方の指導をしてもらいましょう。
溝渕歯科医院ではもちろん歯周病の予防、改善のお手伝いをさせて頂きます。

歯科衛生士 井上

京都市北区 歯医者 / 歯科 溝渕歯科

投稿日  カテゴリ:歯科衛生士コラム

歯垢から歯石へのプロセス

「歯垢」と「歯石」
この2つの言葉を聞いた事がある方も多いと思いますが、違いはご存知でしょうか。


歯垢とはつまようじなどで歯をこすると取れる白いネバネバしたものです。
「プラーク」とも呼ばれており、成熟するとバイオフィルムになります(バイオフィルムとは排水溝などのヌメリのことです)。これはうがいでは取れません。歯磨きで取り除くことができますが、毎日の歯ブラシをサボってしまったり、汚れにしっかり歯ブラシが当たっていないと歯の表面に歯垢が残り続けるためにムシ歯や歯周病の原因になります。

そして歯垢(プラーク)が残ったままだとおよそ数日で「歯石」へと変化します。言葉の通り硬く、歯磨きでは除去できなくなるため歯科医院で取ってもらう必要があります。
歯石は表面がザラザラしているため歯垢がつきやすく細菌のすみ家になるばかりではなく、歯ぐきを刺激するため歯周病の原因や悪化を招きます。

歯周病やムシ歯予防に一番大切なのはセルフケア(歯磨き)ですが当院では定期的な歯の検診、メンテナンスをおすすめしています。一度、お口の中を鏡で見てみたり、舌で歯の裏側を触ってザラザラしていないか確認してください。

歯科衛生士 阿部

京都市北区 歯医者 / 歯科 溝渕歯科

投稿日  カテゴリ:歯科衛生士コラム

このページのトップへ