ブログ | 京都市北区の歯医者、溝渕歯科

 TEL:047-409-7717

ブログ
BLOG

アーカイブ: 6月 2016

周りに気づかれにくいノンクラスプ義歯って保険適用の義歯とはどう違うの?

義歯(入れ歯)とは、むし歯や歯周病などで失った歯を補うための取り外しが可能な人工の歯をいいます。

保険が適用されるプラスチック義歯(入れ歯)は、経済的な負担が少なくて済み、調整が容易にできる反面、義歯を固定するための金属のバネが目立ったり厚みがあるため口の中での違和感が大きくなります。

当院では保険の入れ歯の他に自由診療の入れ歯としてノンクラスプ義歯と金属床義歯を取り扱っています。特に今回ご紹介しているノンクラスプ義歯は軽く薄く、口の中での違和感が少ないうえに義歯をしているとは思われにくいです。

今回は保険義歯とノンクラスプ義歯を比べてみました。
「口の中での入れ歯の違和感が気になる」「入れ歯をしていると周りに気づかれたくない」という方は是非ためしていただく価値があります。

プラスチック義歯(保険適用) ノンクラスプ義歯(自由診療)
長所
・ 経済的な負担が少ない
・ 調整が容易にできる

短所
・ 厚みがあり、かつ設計が大きくなり違和感が大きい
・ プラスチックのため割れる事がある
・ 金属のバネが目立ってしまう
・ 長期では使えないことが多い
about-nonclaspdenture_01

長所
・ 柔軟性があるため、割れにくくフィット感が高い
・ 厚みが薄く違和感が少ない
・ バネがないので入れ歯と気づかれにくい
・ 汚れ、臭いがつきにくい

短所
・ 保険が適用されない
・ 長期では使えないことが多い
about-nonclaspdenture_02

京都市北区 歯医者 / 歯科 溝渕歯科

投稿日  カテゴリ:歯科衛生士コラム

このページのトップへ