ブログ | 京都市北区の歯医者、溝渕歯科

 TEL:047-409-7717

ブログ
BLOG

アーカイブ: 3月 2016

ハミガキ粉選びのポイント

ハミガキ粉の中にはムシ歯予防、着色予防、知覚過敏予防、歯周病予防、歯面の傷の修復(トリートメント)など様々な効果を期待できるものがあります。ハミガキ粉選びでは、それぞれのハミガキ粉の特徴を知ることが大切です。ここでは当院で扱っている主なハミガキ粉を紹介します。

1.ムシ歯予防効果の高いハミガキ粉

toothpaste_01

フッ素が配合されており、歯質の強化やムシ歯の進行の抑制、初期のムシ歯を元に戻す効果が期待できます。当院のフッ素配合ハミガキ粉はこちらです。

2.着色予防効果の高いハミガキ粉

toothpaste_02

市販されている着色予防、着色除去用のハミガキ粉には粗い研磨剤が含まれ歯を傷つけてしまうものもあります。当院で扱うハミガキ粉では着色を削り取るのではなく、浮き出して吸着で取り除くことができ、歯を傷つける心配がありません。さらにフッ素も配合されムシ歯予防効果もあります。

3.知覚過敏予防効果の高いハミガキ粉

toothpaste_03

硝酸カリウム・乳酸アルミニウムが配合されており一過性に歯がしみる知覚過敏の症状を予防します。研磨剤も少なく歯に優しいハミガキ粉です。フッ素も配合されています。

4.歯周病予防効果の高いハミガキ粉

toothpaste_04

殺菌剤や抗炎症剤が配合され歯ぐきの炎症を予防します。また塩化ナトリウムによる歯ぐきの引きしめ効果もあります。

5.歯面の傷の修復(トリートメント)効果のあるハミガキ粉

toothpaste_05

歯の表面エナメル質にはハイドロキシアパタイトという結晶がありますが、毎日のハミガキや食事などでミクロの傷がつき細菌や着色がつきやすくなります。そのミクロの傷を同成分であるハイドロキシアパタイトの細かい粒子で埋めることにより表面がなめらかになり汚れもつきにくくなります。

このように当院で扱っているハミガキ粉だけでも多くの種類があり、ご自身で選ぶことは難しいと思います。当院のメインテナンスではお一人お一人のお口の状態に合わせたハミガキ粉選びのお手伝いもさせて頂きます。ぜひご相談ください。

歯科衛生士 平松

京都市北区 歯医者 / 歯科 溝渕歯科

投稿日  カテゴリ:歯科衛生士コラム

このページのトップへ