ブログ | 京都市北区の歯医者、溝渕歯科

 TEL:047-409-7717

ブログ
BLOG

アーカイブ: 10月 2015

歯垢から歯石へのプロセス

「歯垢」と「歯石」
この2つの言葉を聞いた事がある方も多いと思いますが、違いはご存知でしょうか。


歯垢とはつまようじなどで歯をこすると取れる白いネバネバしたものです。
「プラーク」とも呼ばれており、成熟するとバイオフィルムになります(バイオフィルムとは排水溝などのヌメリのことです)。これはうがいでは取れません。歯磨きで取り除くことができますが、毎日の歯ブラシをサボってしまったり、汚れにしっかり歯ブラシが当たっていないと歯の表面に歯垢が残り続けるためにムシ歯や歯周病の原因になります。

そして歯垢(プラーク)が残ったままだとおよそ数日で「歯石」へと変化します。言葉の通り硬く、歯磨きでは除去できなくなるため歯科医院で取ってもらう必要があります。
歯石は表面がザラザラしているため歯垢がつきやすく細菌のすみ家になるばかりではなく、歯ぐきを刺激するため歯周病の原因や悪化を招きます。

歯周病やムシ歯予防に一番大切なのはセルフケア(歯磨き)ですが当院では定期的な歯の検診、メンテナンスをおすすめしています。一度、お口の中を鏡で見てみたり、舌で歯の裏側を触ってザラザラしていないか確認してください。

歯科衛生士 阿部

京都市北区 歯医者 / 歯科 溝渕歯科

投稿日  カテゴリ:歯科衛生士コラム

歯の切削器具(エアータービン)の滅菌について

当院では歯を削る切削器具(エアータービン)の滅菌を徹底しました。

今までは午前・午後に2回に分けて2回の滅菌処理しか行えず、一部は消毒に頼らざるを得ませんでした。

今回長く(一年半)待った切削器具専用の滅菌機器がようやく納入されたことで、滅菌回数が増え、すべての患者さんに対して滅菌処理で対応しております。今後も患者さんにより安全な治療を提供できるよう、歯科医院の医療安全を押し進めていくように努力致します。

院長 溝渕健一

滅菌

京都市北区 歯医者 / 歯科 溝渕歯科

投稿日  カテゴリ:お知らせ, 院長コラム

おすすめの歯ブラシ

ムシ歯や歯周病を予防するためには、ブラッシングによって歯の汚れ(プラーク)を取り除くことが大切なことはみなさんもよくご存知ですね。そしていざ歯ブラシを買おうとドラッグストアやスーパーに行くと様々な歯ブラシが数多く並んでいて、何を選べばいいのか迷ってしまわれる方は多いと思います。
当院においても10種類以上の歯ブラシを販売していますが、それぞれに特徴があり、私達衛生士が実際使用しておすすめしたいものばかりです。
歯並びやお口の大きさ、歯周病やムシ歯の状態、好みなど、患者様に合った歯ブラシを一緒に選んでご提供しています。
それぞれの歯ブラシの特徴やおすすめのポイントを一部紹介します。

DENT.EX スリムヘッド 33.34

photo_01

スタンダードな形態の歯ブラシです。コンパクトでスリムなヘッドは小回りがきき、奥歯までしっかりブラッシングできます。

バトラー♯025 M.S

photo_02

ヘッドのプラスチック部分がうすい歯ブラシです。
奥歯の奥まで毛先が届くという感じで、お口の小さめの方でもブラッシングしやすいコンパクトさです。

DENT.EX システマ44M

photo_03

歯ブラシの毛先が細く、歯周ポケットやせまい歯間部にも毛先が届きやすい歯ブラシです。
歯ぐきへの負担が少なくやさしい磨き心地でプラークを取り除くことができます。

プラウト

photo_04

歯並びが凸凹している部分、最後臼歯の後ろ側、親知らず、子供の歯の仕上げ磨き、矯正装置の入っているところなど、通常の歯ブラシでは届きにくい狭い部分にも届く歯ブラシです。
軽い力加減でなぞるように使うことがポイントです。

ルシェロ P-10.M-10

photo_05

歯ブラシの先端がワンタフト形状(先端集中毛)で3列目以降は長い毛と短い毛が交互にあり(段差植毛)最後臼歯の後ろ側にも届きやすいうえ、歯間部や歯周ポケット内にも毛先を入り込ませることができます。持ち手も手にフィットしやすいです。

DENT.EX システマ ゲンキF

photo_06

少し幅広ヘッドなので、歯面全体の広範囲に歯ブラシの毛先が一度に当たりプラークを効率よく落とすことができます。持ち手も太くて握りやすく毛先がテーパー加工されており、歯ぐきへの当たりもソフトです。
歯ブラシといえども形状の少しの違いでも磨いた感じがずいぶんと異なります。当院ではそれぞれの歯ブラシを手にとってご覧頂くこともできます。気軽にいろいろ試して自分のお気に入りを見つけてみませんか?

歯科衛生士 安井

京都市北区 歯医者 / 歯科 溝渕歯科

投稿日  カテゴリ:歯科衛生士コラム

このページのトップへ