歯周病治療| 京都市北区の歯医者、溝渕歯科

ロゴ
京都市バス「紫野泉堂町」バス停前。 TEL:075-491-8889

歯周病治療
PERIO

ホーム > 診療メニュー > 歯周病治療

歯周病治療

歯周病とは

歯周病とは、歯周組織が歯垢(プラーク)に含まれている歯周病菌に感染し、歯茎が腫れたり、出血したり、最終的には歯周組織が破壊されて歯が抜けてしまう病気です。
歯肉炎、歯周炎とも呼ばれています。日本の成人の約80%が歯周病にかかっていると言われています。 歯垢(プラーク)は時間が経つと歯磨きでは取り除くことができない歯石になります。歯石自体は歯周病の原因ではありませんが、歯みがきでは除去できないため、周囲のプラークの除去を困難にします。


歯周病は全身の健康と深い関係があります

骨粗しょう症 喫 煙 糖尿病 その他
sisyu_hone.gif

閉経後の女性で全身骨密度と歯槽骨の高さや量は相関する。また歯の喪失と全身骨密度は相関する。
sisyu_tabako.gif

喫煙者の歯周病の進行度合いは健常者の2~7倍、喫煙者の歯周病菌の保有率は健常者の2~3倍。
sisyu_beer.gif

糖尿病患者の歯周病の発症率は健常者2.4倍、糖尿病患者の血中の最終糖化物質が全身の感染症を悪化させる。
・特定の栄養素の欠

・成人病薬の服用
・免疫不全、異常
・精神的ストレス
・肥満

全身環境からくる口腔内への影響

sisyu_01.gif sisyu_02.gif sisyu_03.gif sisyu_04.gif
歯ぐきがはれ、ちょっとした刺激で出血する
歯と歯ぐきの境目が広がり歯ぐきが下がり始める。
歯ぐきからウミが出て、口臭がひどくなり歯がぐらつきはじめる。
歯のぐらつきがひどくなり 最後には抜けてしまう。

歯周病菌、プラーク菌などの口腔細菌

口腔細菌は250種類程度存在し、心臓、肺、胃腸、子宮などの体内に、以下のような影響を及ぼす可能性があります。

肺炎 動脈疾患
感染性心内膜炎 低体重児出産
(早産)
歯周病菌が肺炎患部から検出される。誤飲により口腔内の細菌が呼吸器官に入る。 歯周病患者の心疾患による死亡率は健康な人の1.9倍、発作は2.8倍。歯周病の進行と心疾患の発生は比例する。歯周病菌などの毒素に対して体が作り出す炎症物質が血管壁の肥厚を促進する。
糖歯周病菌が心内膜炎患部から検出される。 歯周病菌の毒素が体内の炎症物質を増加させる。低体重児出産(早産)の母親の炎症物質量は、歯周ポケット内及び羊膜内双方で高く、相関する。

その他の全身疾患

冠状動脈疾患、肺血症、菌血症、糖尿病

 

歯周病治療の流れ

1.歯周ポケット診査、レントゲン撮影、口腔内写真撮影

歯周ポケット診査、レントゲン撮影、口腔内写真撮影を行います。
歯周病の原因は1人1人異なりますので、治療していく前に検査を行い、1人1人に適した治療を行っていきます。

2.プラークを除去

歯周病の原因は歯垢(プラーク)なので、プラークを除去し付きにくくすることが治療の基本となります。歯科衛生士による歯みがき指導や歯間ブラシ、デンタルフロスなどで改善をはかります。
簡単に落とせる歯石やプラークを落していき、検査にて改善を確認します。軽度の歯周炎の方はここまでで治療が完了します。

3.歯と歯肉の間に溜まっていた歯石や歯垢(プラーク)除去

中等度~重度の歯周炎の場合、歯石が深くまであるため取りきれません。
このような場合は外科的な治療が必要となります。
麻酔をしてから歯肉の切開をし、歯と歯肉の間に溜まっていた歯石や歯垢(プラーク)除去します。

4.歯と歯肉の間に溜まっていた歯石や歯垢(プラーク)除去

口の中の細菌を完全になくすことは難しく、歯周病は再発し易いので、治療完了後も定期的なメンテナンスが必要となります。
再発防止には患者さん自身による歯垢(プラーク)のコントロールだけでなく、定期的に歯科医師や歯科衛生士による検診や治療を受け、歯をメンテナンスすることが重要です。

このページのトップへ

診療メニュー

  • 虫歯治療
  • 歯周病治療
  • 小児歯科
  • 予防歯科
  • 審美歯科
  • インプラント
  • 口腔外科
  • ホワイトニング
  • 入れ歯
  • 矯正治療
  • 訪問歯科
  • 初診の流れ
  • キャンペーン
  • 院内ツアー